なちこの美容/健康/雑記

ちょっと役に立つかもしれない美容・健康に関するあれこれ。

MENU

それただの五十肩じゃないかも? 放っておくと怖い肩の痛み

f:id:xjiu:20181212151854j:plain

こんにちわ。なちこです。

 

今回は"肩の痛み"についてお話ししたいと思います。

 

スポーツだけでなく日常生活でもよく使う関節の一つである肩関節。

肩関節は人間の身体の中で最も大きな可動域を持つ関節です。

例えば、洗濯物を干す時に手を頭より高く上にあげたり、背中を洗う時などは捻りを伴いながら後ろへ引いたり等かなり大きな動きをします。

動きが大きいということは逆に言えば、その分不安定でもありそれゆえに痛みや怪我を引き起こしやすい関節だとも言えます。

 

 

肩の痛みといえば"四十肩"や"五十肩"が有名

この二つ正しくは"肩関節周囲炎"という病名ですが、40代以降の人に多い肩の痛みであることからそう呼ばれるようになったみたいです。

主な症状としては肩の痛み肩の運動障害 (肩があがらない等)が挙げられます。

名前の通り肩関節自体に炎症が起きている状態なので、通常炎症が治れば疼痛は消失していきます。時には炎症後に関節の硬さが残ったりして手が挙げづらくなったりしますが、これも動かしていく中で徐々に改善してきます。

よく『四十肩や五十肩は自然に治る』と言われているのはこのためだと思われます。

 

しかしこの肩関節周囲炎によく似た症状で放っておけば放っておくほど悪化していく病気があります。

それは"肩腱板断裂(又は損傷)"です。

どちらも症状がかなり似ているため肩関節周囲炎と間違われ病院受診をしないケースが非常に多いです。

 

肩腱板断裂と肩関節周囲炎の違い

肩腱板断裂も肩関節周囲炎同様に40代以降に好発し主な症状として肩の痛みと肩の運動障害があります。

しかし、肩腱板断裂は肩周囲炎と比較すると肩関節の動きの制限が出にくいのが特徴です。

肩関節周囲炎は肩関節そのものの炎症なので関節の動きが制限されることが多いのですが、肩腱板断裂は肩関節の周りにある筋肉が傷ついている状態なので動作時に痛みは伴いますが動きの制限は起こりにくいのです。

 

f:id:xjiu:20181212155435g:plain

出典:日本整形外科学会

腱板損傷でいう筋肉は主に棘上筋のことを指しますが、この筋肉は肩峰と上腕骨頭という骨と骨の間を通っており、肩関節の動きが悪くなるとその間に挟み込まれてしまいます。これがなんども繰り返されると腱板に傷ができそれが断裂へとつながります。

断裂した後も放っておくと断裂部が徐々に広がっていってしまい炎症も強くなるためどんどん痛みが強くなっていきます。

 

実際私が働いている病院でも「五十肩だと思って放っておいたけど痛みが強くなってきたから病院に来た」という患者さんが実は腱板断裂だったというケースがかなり多いです。腱板断裂は傷自体の自然回復はできないので断裂部が大きい場合は手術をしなければなりません。

 

腱板断裂はお医者さんでも判断しづらい

もし肩の痛みで病院にかかる場合には必ず"肩の専門医"に受診することをお勧めします!

腱板断裂は筋肉が切れてる状態なので、骨のみを写すレントゲン検査では正確に診断することができません。

腱板断裂の診断には必ずMRI検査が必要となります!

f:id:xjiu:20181212162917p:plain

他の病院ではレントゲン検査で「何でもない」と言われ湿布を処方されたけど、肩の専門医に診断してもらったら実は腱板断裂だったという患者さんも少なからずいます。

でもこれは決して"お医者さんの誤診"ではありません。

肩は専門医でないと的確に診断することが難しい上に、整形外科クリニックではMRIの検査装置をおいているところが少ないのです。

 

"肩の痛み"は必ず肩の専門医へ!

もしあなたが肩の痛みで病院へ行く時には、必ず"肩の専門医であること""MRI検査が可能なところ"へ受診することをお勧めします。

肩の専門医であれば"注射""リハビリ"といった治療方法の選択肢もあります。

 

初期の段階であれば症状は割と早く改善しますが、経過が長いと症状の改善に半年〜1年ほどかかる場合もあります。

ですので、肩が痛いなと思ったらそのまま放置せず必ず病院受診しましょう。

腱板断裂の場合、急性期は安静が必要なので、自己流の体操や運動はかえって逆効果になり悪化することがあります。 

 

さいごに

今回は肩の痛みに対してお話しさせていただきました。

実際現場でも肩の痛みを訴える患者さんがほんとに多いです。

肩の場合必ずしも運動不足だから痛めるわけではありません。逆にスポーツや運搬作業など肩を使いすぎることによって症状が出ていることが多いです。こういった場合は必ず安静が必要になってきます。

 

患者さんの中には自分で治そうと努力し無理に動かしてしまい、かえって症状が悪化しまったという人もいたりして、理学療法士としてはなんともやりきれない思いです。

頑張れば頑張るほど悪くなってしまうなんて...患者さんの気持ちを想像しただけで辛いです。

 

私の仕事はそういった患者さんに今やったほうがいいことや逆にやってはいけないことを説明し時には体操を指導したりします。安静が必要な時にはしっかり休むように、動かした方がいい時期にはストレッチや筋トレ方法などを伝えます。

 

世間の健康志向が高まってTVやネットなどのメディアを介して様々な情報が手に入りやすくなっていますが、同時にそれらが万人に効くわけではないことと情報を選別する必要があることも広めていかなければならないなと思っています。

 

 

さいごまでご覧いただきありがとうございました。