なちこの美容/健康/雑記

ちょっと役に立つかもしれない美容・健康に関するあれこれ。

MENU

そのO脚 1日5分で簡単に改善できます!

f:id:xjiu:20181203204041j:plain

こんにちわ。なちこです。

突然ですが、あなたの脚はどのタイプですか?
まっすぐな脚、O脚気味、XO脚、X脚...等

 

美脚の定義は人それぞれですが、今回は特に悩む人が多い"O脚"についてお話ししたいと思います。

 

 

O脚ってなんなのさ

 ざっくり言うと両膝の間が広く空いてしまっている脚のことです。

上の画像でいう左から二番目の状態です。

 

そもそもO脚にも種類があって大きく分けると

【膝関節そのものが曲がって変形しているタイプ】

【膝関節が捻れて開いているように見えるタイプ】 

に分けることができます。

 

前者は俗に言う"変形性膝関節症"によるO脚です。

膝関節自体の変形で軟骨のすり減り等があり、このタイプは手術でもしないかぎり矯正は困難です。

 

反対に後者は膝関節自体に問題はないが、"股関節や足関節の硬さや筋肉の弱さ"から膝が開いているように見えている状態です。

関節自体に問題はないため、隣にある股関節や足関節の問題を解消できればほとんどが改善することができます!

若い人や膝に痛みのない人であればほぼ後者です。

 

医学的な基準としては膝関節の"FTA角"というのが用いられ、ほぼほぼ真っ直ぐの180°からO脚と診断されます。 この場合、両膝の間ににぎりこぶし一個分入る程の隙間です。

ちなみに、正常な膝でも両膝の間に指1〜2本分の隙間があるのは普通です!

f:id:xjiu:20181203205417p:plain 

 

O脚の改善方法って?

先述の通りほとんどのO脚は改善できます。

それは"股関節"または"足関節"の硬さや弱さに原因があることが多いからです。

 

では、どうやったら改善できるのか?

 

O脚の改善方法は人によって変わってくるのですが、主に2つのタイプに分けることができます。

タイプ分けは簡単にチェックできますのでお試しください。

 

あなたの膝はどのタイプ?簡単チェック

①まずは全身鏡の前で両脚をしっかり閉じつま先を真っ直ぐ揃えて立ちます。

②左右の膝小僧の向きを見てみましょう。

膝小僧が外側に向いている "ガニ股タイプ"

膝小僧が内側に向いている "内股タイプ"

 

膝小僧が外に向いている"ガニ股タイプ"

このタイプは"お尻の筋肉の硬さ"が主因であることが多いです。

詳しくは大臀筋・中臀筋・小臀筋・外旋六筋です。

これらの筋肉の硬さが原因であることが多いので筋肉のストレッチをメインで行うと効果的です!

 

ストレッチ方法その1

①あぐらをかいた状態で片膝を立て、反対側の脚に引っ掛けるようにもっていく

②その状態から立てた膝側の方へ身体を捻るように抱え30秒キープ

③反対側も同様に行う

f:id:xjiu:20181203223933j:plain 

 ストレッチ方法その2

①椅子などに座り片足を組み背筋を伸ばして座る。

②背中を曲げないようにしながらお辞儀をしてお尻あたりが伸びている感覚が出るところで30秒キープする。 

③反対も同様に行う

f:id:xjiu:20181203223203j:plain

 

膝小僧が内側に向いている"内股タイプ"

このタイプは主に"内ももの硬さ""お尻の筋肉の硬さ"が主因であることが多いです。

エクササイズとしては内股のストレッチとお尻の筋トレが効果的です!

 

ストレッチ方法その1

 ①両脚を伸ばして広げ背筋を伸ばす

②お辞儀をするように体を前に傾け30秒キープ

f:id:xjiu:20181203222949j:plain

よくある開脚のストレッチですv

 

筋トレ方法その1

①横向きに寝て両脚を揃え軽く曲げます。

②両足をつけたまま両膝の間を離すように開いていきます。このとき身体ごと後ろへ傾かないように注意してください。股関節を軸にして動かすようにします。

③左右20回ずつ繰り返します

f:id:xjiu:20181203223156j:plain


 

さいごに

いかがだったでしょうか。

ちなみにストレッチも筋トレも継続しなければ効果はなかなか見えてきません!

即時効果に期待しても一時的であることが多いので、しっかり根本から改善するとなるとそれだけきちんと続けなければならないのです。

でも、1日5分やるだけでも効果は見えてくると思います。

 

↓O脚矯正の基本的な考え方としては「福辻式」と同じです。

えっ?O脚が5分で治せる・・O脚矯正プログラム「福辻式」DVD

 

 

最後までご覧いただきありがとうございました。